So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017-09-23

伊達政宗 講演.jpg
淑徳大学のアリーナにて「伊達政宗、戦国大名から藩主へ」というシンポジウムに参加する。政宗生誕450年記念の企画である。報告演題が4コマありそれぞれの講師が研究調査されたものであり、初めて聞く地域や家臣人物なども出てきて 歴史学者の奥の深い研究は かなりハードルが高かったが 4講とも 興味深く聞くことができた。
nice!(4)  コメント(0) 

物忘れ

今回の歴民講座は「幕末における商品流通の実態について-岩槻馬による商品流通の一考察-」という演題であった。
近世馬背運輸業の中馬という公的な運輸機関と対立的な中馬をこの地にもその形態を探られている。講師の得意の資料の集積から分析して 傾向を見出す手法でこの地域のそれを岩槻馬として 説明されている。一考察ではあるが裏付けを用いて話されるので頷いて聞いていた。
講演が終わってスリッパを履き替えるために靴をさがすが 見当たらない。いつも入れている場所を何度もさがし その近辺もさがすが見当たらない。靴がない どうしょ~とおもってると手に提げてる袋に気が付いた。ありゃここに靴はいってる。そう、いつもなら靴は靴箱にいれるのだが 講演会の時は人が多いのでビニールの袋にいれてもってはいるのである。傍にいた女性館員から よくあることですよって慰められる。いよいよボケだしたのかなぁ~。
nice!(4)  コメント(0) 

旧友

旧友から久しぶりの電話。互いに単なる近況報告だが ついつい昔を思い出して長ばなしになっていまう。何歳になっても その時分の言葉遣いや口調に戻ってしまい ほっとしてしまう。子供の頃の友達は 利害がなくて 遠慮なくはなせるので 楽しい。
nice!(2)  コメント(0) 

大義名分

解散風が吹いている衆議院。任期が定められているのだから任期を全うすることが第一とは思うし、解散するには何故解散するのか 大義がないのは おかしいと思う。なんでもこの世界では大義は後から機関車についてくる貨車らしい。後から大義を積み込めば なんとでもできるという。勝てそうな時をはずしては勝てないという 道理が働いているのだろうが 今がチャンスらしい。大義は勝てそうだから というしかない。解散権は首相にあるので 文句はいえまい。そうとなると野党も くだくだ言わずに 議席を伸ばすチャンスとして 正面から戦えばいいとも思う。でも勝てそうもないからね…。
nice!(4)  コメント(0) 

暴言議員

テレビでは 「このはげ~」の暴言女性議員の話題が放送されている。なるほど議員にあるまじき言動であるが、個人のモラルの問題で政治的な話題でもないのに 騒ぎたてすぎ うんざりする。視聴率受する話題なのだろう。
議員を弁護や擁護するつもりはないが この秘書はよっぽどダメで無能だったのとおもう。議員の怒る気持ちもわからないではないが、秘書が隠しマイクで言葉をとるという行為は はめてしまえという思いもあったのだろう、言うだけ言わせてやれという気持ちもあり 卑怯なやり方である。どうして面と向かって対応しなかったのかねぇ。その場で言葉で反論するなり対抗の方法もあるのに、録音に反論の言葉がはいると不利になるのか、情けない秘書だと思う。秘書として出来の悪い男だが一方的に隠しマイクで採るなどは たけている。
nice!(4)  コメント(0) 

曼殊沙華

彼岸花.JPG
今朝は台風一過の晴天でなんとなくすがすがしく感じたが、時間がたつにつれて温度はぐんぐん上り 彼岸花が咲く季節なのに 真夏に逆戻り。
道端の畑には白い彼岸花と紅い彼岸花が咲いていた。別名の曼殊沙華という名はやはり紅い色の方が似あっているとおもう。
nice!(3)  コメント(0) 

雨の日

今日は台風の影響か一日中雨。夏バテか、ほとんど家に居り 寝転んでテレビばかり。すこしは疲れもとれたかなぁ…
nice!(3)  コメント(0) 

ちひろ美術館

ちひろ美術館.jpg
ちひろ美術館東京 へ行ってみた。いわさきちひろの絵はいろんなところでよくみかけて すぐにこの作家の絵だとわかる。かわいくて何とも言えずに癒される童画である。でもあまり作者自身のことはしらなかったが この美術館に来て認識を新たにした。偏見かもしれないが左翼政党員でありながら世間に批判的なものや革命などというようなものでなくて このような優しい絵が生まれるのも不思議である。たぶん青年期によくあるロマンチシズム的なヒューマニズムに惹かれていたのだと思う。復元されているアトリエの本棚のなかに この思想的な本が見当たらないので なんなとく安心する。もともと裕福な精神の持ち主であろう。でないとゆとりのある心がないとこのような絵は生まれないと思う。
nice!(4)  コメント(0) 

製本

製本.JPG
歴民で使用している教材資料。枚数が120枚ほどであるが 一応 全ての画像をパソコンに取り込んだので、後は いつもならメモ用紙にするのだが 製本にしてみた。メモ用紙の場合は背表紙の切込みだけで木工ボンドで接着するのだが、ページがちぎれないように 切込みに糸を編み込んで接着してみると 案外 丈夫に仕上がった。糸の編み込みは今後使えそうである。
nice!(5)  コメント(0) 

日本経済の末端

散歩道の公園の傍に 貸倉庫や工場が集まっているところがある。夕刻時、覗きながら歩いてみると 木工所があり多分 催し場のインテリアを製作しているみたいで 作業員がいろんな機械を操って いろんなものを作っている。向かいのパソコン処理倉庫には企業からリース落ちの製品を判別処理しているのだろうと思われるものが 敷地いっぱいにフォークリフトが動かしている。そのまた向こうのリース用キャンピングカーの倉庫にも20台ほどの車が忙しそうに洗車整備されている。その隣の産業廃棄物の倉庫にはひっきりなしにトラックが産廃の台車をおろしている。皆々忙しそうで 日本産業の末端のところでもこんなに忙しそうにしている。景気はとても悪いとは思わない。まず景気が下降してくると ここにある業者たちが真っ先に影響してくるので まだまだ日本経済は大丈夫に感じる。
nice!(5)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る